名古屋女子大学はどんな大学?

名古屋女子大学はどんな大学?

名古屋女子大学は名古屋市瑞穂区汐路にある女子大学です。家政学部や栄養学部など女性に人気の専門知識を身に付けることができる大学としても知られており、充実した教育が行われています。

附属幼稚園がある大学と言うこともあり、子育てに関する知識や経験を身につけることもできる点が特徴となっています。

愛知県内の就職に強く、県内様々な分野で活躍をする人材を輩出している大学でもあります。幅広く教養を学ぶことができるという特徴もありますので、学びたいことを中心に幅広く社会に出て必要となる知識を身に付けることができるのが特徴になっています。

このようなメリットを活用して就職活動ができる点も大きな魅力であるといえます。キャンパスは現在では使用時に集中しており、充実した環境が作られています。

名古屋女子大学の偏差値情報

名古屋女子大学の偏差値情報

本学キャンパスを名古屋市瑞穂区におく名古屋女子大学は、1915(大正4)年設立の名古屋女学校を沿革に持ち、1964(昭和39)年に現大学名で開学されています。

偏差値情報は、設けられている2つの学部、文学部と家政学部によって違いがあり、文学部では児童教育学科・児童教育学専攻が52~56、児童教育学科・幼児保育学専攻では58~60となります。

また、家政学部の偏差値は、食物栄養学科が57~61、生活環境学科が47~48、家政経済学科では45~46の数字になっています。

最も高いのは、文学部では偏差値60となる幼児保育学専攻の大学入試センター試験利用Ⅰ期1科目型とⅠ期2科目型の2つがあり、家政学部では偏差値61となる、食物栄養学科の大学入試センター試験利用Ⅰ期理系2科目型とⅠ期1科目型があります。

名古屋女子大学にはどんな学部がある?

名古屋女子大学にはどんな学部がある?

名古屋女子大学には大きく分けて2種類のことを学べる環境が存在しています。学部名は家政学部と文学部となっていますが、文学部では児童教育を中心に学ぶことができる環境が整っています。

附属幼稚園を持っている大学と言うこともあり、子供に関係する経験を積むことができると言う魅力があります。

家政学部には管理栄養士を目指すことができる食物栄養学科や、広く様々な教養を身に付けることができる家庭経済学科と生活環境学科が存在しています。

自ら学びたいと言う気持ちを生かすことができる環境が用意されており、学びたいことを学べる大学であると言う特徴がある。名古屋女子大学は名古屋市の中心部にあり、魅力的な環境の中で学ぶことができる大学として知られています。