安田女子大学はどんな大学?

安田女子大学はどんな大学?

安田女子大学は、広島県に存在する女子大学で1955年に短期大学として開学されたのが始まりです。

もっとも1915年に安田学園が誕生したことが前身で、1966年には文学部の設置、他に薬学部・家政学部などを徐々に学部を増やして総合大学で日本でも学部数が最も多い女子大学の特徴があります。

設置学部は文学部・教育学部・心理学部・現代ビジネス学部・家政学部・薬学部・看護学部といった学部が存在します。大学院では文学研究科と家政学研究科の二つの学科に分かれています。

なお安田女子大学へは、最寄りのアストラムライン「安東駅」からキャンパス内まで雨天でも通学できる歩行路やエスカレーターが設置されています。駅からも徒歩で約4分の場所となっているため、駅からも通いやすい特徴を持っています。

安田女子大学の偏差値情報

安田女子大学の偏差値情報

安田女子大学は、日本最大の学部数を誇る女子大学として知られている広島県の大学です。文系の学部から理系の学部まで揃っている珍しい大学です。

その特徴から、県内だけでなく県外からも入学希望の学生が集まります。では、安田女子大学の偏差値はいったいどれくらいなのでしょうか。

安田女子大学で最も偏差値が高いのは教育学部で、その数値は62ほどと言われています。いちばん低い学部は文学部で、50前後です。

入試では、国語や外国語などの文系の科目のみという学部もありますが、数学が導入されている学部もあります。安田女子大学は教育学部が最も有名で、教職に強いと言われていますので、教育学部が最も偏差値が高いというのも頷けます。

安田女子大学にはどんな学部がある?

安田女子大学にはどんな学部がある?

安田女子大学は、日本最大の学部数を誇る女子大学として知られている広島県にある私立大学です。いろんなことを学べるため、県内からはもちろん、県外からも数多くの学生が入学してきます。

文学や教育学、心理学などの定番の学部はもちろん、女子大学としては珍しく6年制の薬学部もあります。たとえば教育学部には児童教育学科があり、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士、養護教諭などの養成を目指しています。

まずは教育の基礎を学び、その後小学校教諭養成コース、幼稚園教諭養成コースなどの専門のコースに分かれます。初めにきちんと基礎を学ぶことで、自分に合ったコースを時間をかけて選ぶことができます。その選択が就職にも繋がってくるのです。